マンション経営は一棟買いで高利益を見込むことができる

お金を持つ人

上手にマンション経営

集合住宅

不動産投資を行おうと思っている人の中には、マンションの一棟買いを検討している人もいるでしょう。不動産投資として一棟買いには様々なメリットがあります。マンション経営で一番気になるのは空室のリスクではないでしょうか。マンション経営を行っていても、住人がいないと収益にはなりません。家賃の収入によってマンション経営は成り立っています。その点一棟買いの場合は、一棟全てが空室になることはほとんどないので、ある程度の部屋を埋めることができれば収益が見込めます。それと同時に、複数世帯からの賃料を回収することになるので、一棟買いの方が家賃からの収益が高額となるのです。他の方法でマンション経営をする場合、賃料は数万円からとなりますが一棟買いの場合は数十万円からと高利益といわれています。さらに、そのマンションに住む住人が多ければそれ以上の高収益を期待することができるのです。マンションの一棟買いは、同時に土地も所有することになり、資産になります。リフォームや敷金、礼金などといった入居者への条件なども自分で決めることができます。不動産運営は、毎月入居者から回収する家賃収入を利用しローンを返済することもできます。なので、そのシステムを上手く利用できれば自分の資金が少なくても、一棟買いを行ないマンションの経営ができるのです。マンションの一棟買いを行なう時は、立地なども考慮して土地を選ぶことが重要です。入居者が集まりやすい場所で上手にマンション経営を行ないましょう。

不動産投資を始める

婦人

不動産投資で今話題なのが投資用マンションです。投資用マンションの価格が低い時期に購入して、価値が上がった時に売却して収益を得る方法と、賃借による家賃収入の二つの方法があります。

詳しく見る

不動産投資を行なうのなら

木のマンション

安定した不動産投資を行ないたいと考えるのなら、みんなで大家さんを利用するといいでしょう。みんなで大家さんは、出資金に対して賃借契約が済んでいる家賃収入を、利用者に分配するシステムです。

詳しく見る

賃貸物件を運営するなら

お金とマンション模型

家賃滞納者から、物件運営を行なっている側の代行として滞納家賃回収業務を担ってくれるのが賃貸保証会社です。賃貸契約を行なう利用者にとっても、連帯保証人が不要になるので双方にとってメリットがあります。

詳しく見る